2006年4月18日 (火)

バスガイドの巻きNO-4

いろいろなお仕事の人がいますが、バスガイドの人は性格の

変わった人が多いというのもよくわかりました。

朝早いからなり手が少ないように思います。今は知りませんが。

でも私はお客様から人気者でした。というのはご婦人の団体と

子どもの遠足とかです。

子どもを酔わさないように楽しませます。飽きささないように。

でも難しいのは、団体で何台かで行く時は、私だけが楽しく

車内を盛り上げると苦情がきます。バスが休憩の時、お客様同士が

「うちの号車のガイドさんは楽しいのよ。」とか話題になったら

先輩のガイドさんからにらみを利かされます。

みんな女性が多いからすごいよ。怖いぐらいでした。

高校生の人たちとは楽しく盛り上がってました。

その子たちが「ガイドさん面白いね。友達多いでしょ。でもガイドには

向いてないね」とか言われた事もありました。

でも我々の時は面白かった。芸者さんが仕事のオフの時、

お座敷が無いのでアルバイトでバスガイドをしてました。

今は時効だから言っても良いと思います。

ディスコの店員さんが転職してガイドになったりもしてました。

婦人の団体はほっといてもみなさん元気です。不思議ですね。

パワーがあります。男性の団体は悲惨です。始めは元気です。

そのうち、「シーン」となってお酒を飲んで眠った振りをしたり

してました。 

今夜はこれまでにしますね。アルバイトは転々としてきました。

では今夜ね。おやすみなさい。見てくれてありがとうね。

Posted by 原宿の母 バスガイド時代の大失敗!! | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

バスガイドの巻きNO-3

 バスガイドを始めて3日目のこと。やっと慣れてきたと思ったら

 またまた大失敗をしてしまった。

 バスガイドは朝が早いので一度目が覚めなくて遅れて行きました。

 するとバスはもういませんでした。始末書を書かされました。

 翌日は大人のお客様を連れて行きました。

 人気のスポットの熱海でした。昔は熱海は大人気でした。

 帰るときもお客様が全員揃っていらっしゃるか点呼を取ります。

 「みなさん。全員おそろいですか?隣の人を確信して下さいね」

 といったすぐ後で、運転手の人が「あなたはどこの人。この

 バスではないよ」といわれてお客様も唖然とされてました。

 どうりで見覚えの無いお客様ばかりでした。

 そうすると、「おーい。おまえどこに行ってる。こっちだ。」

 と言われて、振り返ってみると、間違いだと言う事がわかり

 ました。

 やっとお客様より送れって自分のバスへと乗り込みました。

 そんなこんなを繰り返していたとき、お客様をおろして帰る時

 は運転手の人と2人になります。別に恋が生まれたわけでは

 ありません。

 運転手の人が「オレの友人でモトクロスをしてる人がいる

 から行こう。」と誘われてバスを降りて付いて行きました。

 翌日、モトクロスをそのお兄さんについて見に行きました。

 楽しかった。そのお兄さんの家はうなぎやサンでした。

 モトクロスの後みんなでうなぎを食べに行きました。

 私はあまり好きではなかったので、一人だけ他のを食べました。

 お給料をもらうのに、すごい派手な洋服を着ていきました。

 事務所に行った時にちょうど、バスの会社の社長さんがいらしてました。

 後日バスの会社から「やめてください」と言われました。

 良く聞くと、あの派手な通勤外はうちにガイドにはふさわしくない。

 と言われてクビ。

 ではまた今夜ね。ありがとうね。昔の話だから安心してね。

 見てね。おやすみなさい。

 

Posted by 原宿の母 バスガイド時代の大失敗!! | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

バスガイドの巻きNO-2

 今晩は。おきてますか?寝てた?おこさないから今夜見てね。

 バスガイドの続編を書きますね。これを読んで「原宿の母菅野鈴子」は

 本当に占い出来るのかね?とか疑われても仕方ないねー。

 翌日もバスに乗りました。2日目は幼稚園の園児を連れて

 「芋ほり」に行きました。昨日はバスガイドさんがみなさん手袋を

 していたので、私も手袋をしよう思って部屋の中を探しました。

 手袋は無かったのですが、軍手があったので翌日は軍手をはめて

 園児を誘導しました。

 運転手が「おまえ何?それが手袋か。」と言われました。

 それ以来、私がバスガイドをやめてから3年間うわさが流れてた

 見たいでした。

 幼稚園の子とかは、とても楽しくて和気藹々としえ面白い事を

 話しながら行きます。退屈すると酔ったりして吐いたりする子が

 多いのです。バスの中が汚れたら、ガイドがきれいにしなくては

 いけないので、酔わさないように楽しい話題で盛り上がってました。

 私はアルバイトなのでツアーメイトと呼ばれてました。

 ガイドはバスの中でお話とか、廻りの景色とか案内しないといけないのです。

 ツアーメイトははじめと終わりの挨拶だけすると良いのです。

 私はなるべく楽しく行ったほうが良いと思って良く話をしてました。

 くだらない内容ですが。

 バスがバックする時などバスの外へ出て後ろに行って「ピッピッ」と

 笛を吹くのですが、面倒だったので中で吹いてたら、叱られました。

 仕方なく外に出て行ったら、「すーちゃん、何やってるの?」

 と言うので後ろを振り返ったら東京の友人がいました。

 今日はこれまで。もっともっと楽しくなるよ。楽しいのに従って

 私の間抜け加減がますます見えくるよ。

 では首が痛くなってきたから終わります。では見てくれてありがとうね。

 おやすみなさい。がんばろうね。

Posted by 原宿の母 バスガイド時代の大失敗!! | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

バスガイドの巻きNO-1

 今晩は。元気ですか?路上で占いをしてましたが、隣の占い師の人に

 「うるさいから出て行け」と言われてすぐにやめました。

 仕事を探さないといけないので、アルバイトの本を買って

 何をしようかと思って探しました。

 目に付いたのが「バスガイド」でした。

 面接の時に、グリーンのサテンのジャンプスーツを着て

 りんごを持って面接に行きました。

 事務所の人が伊香保に行ってくださいと言われました。

 「エッ?伊香保?どこにあるんですか?」と聞いたら事務所の

 人が、「伊香保がどこにあるのかわからないのは無理だから

 「鎌倉と江ノ島と箱根に行ってください」と言われました。

 翌日バスに乗りました。朝5時にバスの車庫に行きました。

 運転手の人が「今日は初めてなので後ろに座ってみてなさい」

 といわれて後ろに座りました。

 足音が「ガタガタ」としたのでビクッとして目が覚めたら

 鎌倉に着いてました。すっかり寝てました。

 「初めの日ぐらい緊張しろ」と言われました。

 私が寝てたのが運転手の人にバレたのは、途中で当日のバスガイド

 の人がマイクを持って、「後ろに座ってるガイドさん」と呼んだらしいのです。

 すっかり気がつかずに寝てたのがバレタのでした。

 今夜は続編を送りますね。バスガイド編。もっともっと面白くなるよ。

 ありがとうね。ゆっくり休んでね。おやすみなさい。

 今日も1日ご苦労様でした。今夜も見てね。

Posted by 原宿の母 バスガイド時代の大失敗!! | | コメント (0) | トラックバック (0)